ニモツ

朝起きたら、新幹線が出発する40分前だった。
マジでびびった。
そして自分に言い聞かせる。
落ち着け~、大丈夫、まだ40分ある。
京都駅までタクシーを飛ばして15分かかるとして、
25分で出かけられる状態にならねば。
それに、長期のawayに必要なニモツを速攻で作らなきゃやん!

とりあえず、そこら辺中にある服とかノートとか、
手当たり次第にかばんにつっこんでいった。
そこで実感。。。
人間ってスゴい。こんなにも素早く用意ができるものとは。

新幹線の中で確認したら、
必要なものはマジで揃っていた。
人間が生きていく上で必要なニモツって、
案外限られてるのかもしない。

最高のchristmas

最高のクリスマスでした。

いやーほんとに。企画してくれたみんな有難う。
大好きな仲間とバレーに飲みに。
久しぶりに色々な人に出会えたし、ぶっちゃけトークを出来た気がする。
明日の朝はめっちゃ早いのに、ノリで三次会まで行きかけてしまった。

それともうひとつ、最高のクリスマスプレゼントがありました。
NZ時代の友達と、三年ぶりに「偶然」にも再開。二次会の店にて。
友達と立ち話しながらトイレ待ちしていたら、そこを通りかかった彼。
NZで本格的にラグビーをやってる彼は、体格がますますしっかりしてて、
一瞬わからなかった。でも、さりげなく名前を呼んでみたら、不思議な顔
をしてこっちを向いたね。今ちょうど、NZから一時帰国中だったみたい。
懐かしかった。
NZでの青春の一ピースを見つけた気がして、その後も長々と立ち話を
してしまった。彼を通して、17歳の私が笑いかけてる気がしたよ。
世間って、本当に狭いものだよね。
ミラクルを感じた、クリスマスの夜でした。

いま、会いにゆきます

いま、会いにゆきますを観てきた。
結構ミーハーだよね笑
でも、ほんとによかった。

あんな風に、意外な展開で観る人の心に大きな
揺さぶりを与えるのって、日本の作家の得意技な気がする。
日本の映画って、ハリウッド映画とは違って予算も小さいし、
目を張るようなアクションもCGもないけど、きたー!って
時の心の動かされようはスゴイものがあるよね。
日本語だからってのもあるだろうけど。

「いま、会いにゆきます」もそんな日本映画の期待を裏切らずに、
ゆっくりとした展開の中で、見る人の心を揺さぶる。
涙もぼろぼろでる。映画館であんなに泣いたのは、
アルマゲドンとかぶりなんじゃないかな。でも、
誰かが死んだり、犠牲になって悲しいとかそうゆうのじゃなくて、
運命的な恋愛に感動したんだと思う。

こんな感動作に次に出会うのはいつになることでしょう。