宮城島卓夫

温泉宿でアカデミー賞受賞式を見たんだけど、
科学技術賞で一瞬日本人が目についた。
どこからどう見ても立派な「おっさん」なんだけど、
その口から流暢に飛び出す英語からは只者ではないオーラがっ

後で調べてみたら、宮城島卓夫という人らしい。
日本では全然取り上げられてなかったんじゃなかろうか?
私が見落としてただけ?
スゴイー!!尊敬ですわ。

ところで、なんで日本ではハリウッド並みの映画が作られないのかな、と疑問。

予算がないから
外人じゃないから
英語じゃないから
展開が遅すぎる

まず、【予算がないから】
例えば、アメリカではERとかCSIとかいったテレビドラマでもべらぼうに
予算があるらしい。だから、めっちゃ高い医療器具とか専門の機械を買って、
showをより本物に見えるようにするみたい。
日本の映画産業じゃどうしてもね。。ワイヤーアクションとかも無理なのかしらん。
俳優が体はってないから無理なのかも。って予算とは関係ないね。

次、【外人じゃないから】
タイタニックの日本人バージョンをやったとして、ヒットするかどうか。
絶対にヒットしないと思う。。笑 まずやっぱりアメリカ人の方が演技が
うまい気がします。それになんといっても、外人の彫りの深い顔の方が
綺麗なのかなー。

次、【英語じゃないから】
思うんだけどさ、邦画でも前編英語で喋って、字幕つけたらいいと思うんだけど。
演技下手でもそれがわからないし、英語なら。それになんだか知らないけど
カッコイイ感じしちゃうんじゃない?chek it out が チェキラッですし。
スワローテイルも英語で喋っていた気がしなくもない。

最後、【展開が遅いから】
ハリウッド映画を見ていると、例えば、ホワイトハウスに防衛庁長官がやってきて、
「Mr.president, we are in great danger」と来て、Mr.presidentが驚いて席から
立ち上がる次のシーンには、もう空軍の先鋭隊が飛び出してますから!
日本の映画だったらなに、立ち上がった後に、「どうしたわけなんだ?」
「それが○○でして…」考え込む大統領の図…、困惑する長官の図…、暮れ行く夕日…
はい、北の零年が3時間という超大作になってしまった原因がここに…

ふむ、日本人も、ワイヤーアクションなみのアクションとかしちゃって、英語で喋って、
5年が30分で進むくらいのスピード感を取り入れれば、んでめっちゃ予算かければ
アカデミー賞取れたりするのでは??

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s