メトロに乗って

今週末は完全にヒッキーだったのもあって、本を3冊もむさぼり読んだ。
まだまだ読みたい本がたまってる。

さて、昨日、夕方読み始めて、寝る前までには凄い速さで
読んでしまったのが浅田次郎の「メトロに乗って」。
友達から再三勧められていたにも拘らず、今頃になってやっと手をつけた。

こんなに面白い小説に久々に読んだ。
まさにページを繰る手が止まらなかったし、
浅田次郎の小説にはよくあるように、読んでる要所要所で
思わずすっくと立ち止まってしまう。
ぶわぁっと身体中の鳥肌が立つ。
知らぬ間に目頭が熱くなる。
う~ん、やっぱ凄い力量だなぁ。

「メトロ~」の中に出てくる壮絶な親と子のぶつかりあい。
大人になって初めて理解できるようになる、かつての親の心境。
思っていても、それが思うように素直には口に出来なくなる年齢。
複雑に絡みあった家庭内の血の事情。
口に出来ない分、嗚咽になってもれてくる悲痛な叫び。
それらを見事なまでに、メトロというツールを通して表現している。

現代を生きていて、無機質な箱にしか思えない、地下鉄。
毎朝、ダルい顔をした大量の通勤者を乗せて、地下鉄は走り続ける。
でも、浅田次郎のさらりとしていて、同時に凝った演出によって、
メトロという無機質な金属の塊が、温かみのある乗り物にかわる。
人々の様々な想いを乗せて、それは時に時代間をも通り抜けて、
時には、生暖かい、地下から吹き上げる風によって
堅くとざされた人間の傷のかさぶたを一枚一枚はがしていくように、
人の心を開いてチャネルとなる。
人の心を通じさせる。

この物語は、最終的には、よくありがちな「ハッピーエンド」に
もっていかれるわけではない。というか、物語の前提自体がハッピーエンドには
なりえないんだろうけど。
でも、その分、綿密に描かれた登場人物ひとりひとりの想いに
私も想いをはせることが出来るし、
人間の弱さとか、強さとか、そんなところまでを全部ひっくるんだ、
メトロのあったかい風が私の心にも吹き抜けてる感じ。
読み終わって、時間がたてばたつほど、ジワジワと心に浸透してくる。

血潮

昨日の朝、インターフォンが鳴って宅配屋さんが来た。
「お荷物ですよ~」
ってことで、わくわくしながら受け取って、早速
ダンボールを明けようとして、ハサミを取り出した。
手に持ったのは、ブルーの持ち手に黒く光るスチールの
刃がカッチョイイずっしりとしたハサミ。

最近、友達に貸したまま最後まで戻ることのなかった
お気に入りのハサミに別れを告げて、購入したばかりの
ハサミだ。刃の部分が黒光りしてて、いかにも切れ味がよさそう。
テープがべたつかないらしぃ…ってどーでもいいけど笑

人が開脚してその限界まで行っちゃうみたいに、
私のハサミも全力開脚。カッター代わりにしてガムテープに
切り込みをいれていく。

いつも、もどかしい余りに、ガムテープでしっかり固定された
ままのダンボールを、素手でそのまま引きちぎろうとすると大分疲労するのは
何度経験してもシツコク学習してなかった割に、最近やらなくなった。
やっぱ、手間がかかりそうでもハサミで切り込み入れたほうが開けやすいでしょ!
そう、急がば回れ精神。

スーッと切って、さぁ、今度は反対サイドに移動。
スーッと切って…
って
指切ってるやん!!顔面蒼白…笑

指の先に見事に切り込みが入って、血がドクドク染み出してく感じ。

自分の血を見たのって、凄い久しぶりな気がした。
ちょっと気持ち悪いけど、指からドクドク血が出てくるのみて、
「あ、自分生きてるじゃんっ」って思った。
痛い~、って思いよりも、むしろ呆然と指を見つめてしまった。

随分前に友達から借りた養老孟司の「死の壁」。
いまだに読み終わってませんって!risakoごみん(::)マッハで読みます。
ともかく、この前ちょっと読み進めてたら、
養老さんの前著だった「バカの壁」のおさらいも書いてあった。
つまりは、身体を使えってことなんだよね。
近代以降の人間は、情報が変わるもので、自分は不変のもんだと
思い込んでるらしい。
本来は、情報こそが不変で、人間は変わり続けるものなのに。という主張。
だから、自分が不変だと思い込んだ人間は、自分に「死」が
訪れてることにも無頓着らしい。考えないようにしてるとか。

それと似てるなって、思うけど、人間は、ベタな表現だけど、
人間性を見失ってると思う。少なくとも私は。
現代の医療で身体のどこかが痛かったり悪かったりってことも、まぁ
年のせいもあるけど、まだない。だから身体を意識することがない。
脳が、まさに、中心になって生きてるってわけだ。
だから、自分に心臓があって、それが体中に血を巡りわたらせて、
それが酸素を運んで、自分が生かされてる複雑な生き物だなんてことも忘れがち。
もしかすると、今自分が見ている世界は全部幻想でしかないのかも、
なんてこともふと思ったりする。脳が中心だから。

うん、だから、血を見たことで「はっ」とた。
血潮が流れてて、生きてるんだな~。
私も、みんなも。
でも普段は忘れがち。
ハサミのやつ、恨むけど結果オーライかな。

幼馴染

何年かぶりに、幼馴染3人に会った。
ちゃんと喋ったのも、4,5年振りのこと。
なのに、やっぱりどこかで強く繋がってる感じ。
子供の頃を一緒に過ごすって、こうゆうことなんだ。
数少ない幼馴染、大事にしていきたい。
この関係は、子供の頃の記憶がある限り、
何年離れていようが、ずっと続くんだろう。
続いてほしい。

発見してしまい本当に感動

使い古されたnotebookの数ページに発見してしまった。。
ちょっと感動して嬉しい気分になっちゃった。
達筆だったから目をこらしてこらして、ようやく読めた。

私は75歳になって
本当にけいこちゃんに
お世話になったという
気がして来た。
これまで、2人が、どの様に
して暮らしてきたか、殆ど覚えて
いない。
それでも強烈に脳裏から
はなれないものが
いくつか、数々(想い出せばだんだん
ふえて来る)ある。

ああ!やっと私にも
青春時代がよみがえって来た。
すみれの花の咲く
美しい野原に蝶がまって
いるように、
Kと私がとんでいる。
Kは白いフワッとした服を
着て、私は学生服だナア!
よい音楽も聞こえて来る
ような気がする。

私は、けいこちゃんを
愛していたのかナァーーー
愛していたに違いない。
あの頃の私を、…出来るかなあ
とりもどしたい。
心が燃え、君の手を
大事に、大切に
両手に支えている。