きみは誰と世界をよくする?

ウォンテッドからの質問、「きみは誰と世界をよくする?」

「しごと」について

人は誰しも生きていく上で、人生の大部分を「しごと」に捧げる。

私は常々、その「しごと」を皆が楽み、ワクワクしながら取り組むことができれば、

世の中はさらによくなると信じている。

「ワクワクしながら取り組めるしごと」と聞くと、

「なに」をするのかが大事だと思いがちだけど、

実際は、「誰と」するのかがそれ以上に重要だったりする。

人は環境に縛られる動物なので、同じことをしていても、

どんなチームでやるかで、夢中にもなれるし、辛くなったりもする。

「誰と」はたらくのか

「誰と」というのは、多分、組織の雰囲気とか仕事の進め方とか、

スペック化できないものが非常に大きな比重を占める領域だと思う。

「誰と」というのは、その会社がどれだけ有名かとか、

ブランディングが上手いかとか、そんな話じゃない。

重要なのは、自分が、きっと家族や恋人よりも長く一緒に時間を過ごすであろう

人たちが、何を考え、どんなふうに世の中を良くして来たのか、っていうこと。

仕事に夢中になれない人のほとんどは、能力がないんじゃなくて、

すぽっとはまるべきチームにいないんだと思う。

すぽっとはまるチームというのは、

雰囲気がぴったり合うとか、タイミングがあうとか、そういうこと。

自分がぴったりの雰囲気のチームを知ってるのは誰?

とはいえ、自分のチームにぴったりの「雰囲気」の人なんて、

一緒に働いてみないと分からない。

共通の知り合いがいれば、合ってるかどうかは聞けたけど。

でも、人を採用するごとに、いちいちリファーラルとるってどんだけ大変?!

ウォンテッドは、そんな問題を解決したい。

社員の周りの人たちにリーチすることで、新しく参加したい人が

「すぽっとはまる」のかどうかも社員に確認できるサービス。

参加する側も、自分が参加するチームがどんな人達なのか知り合いに確認できる。

雰囲気があってるのかどうか、そういう、言語化できない部分。

自分の力を最大限発揮できる場所がある

究極の目標は、自分が最大限力を発揮できるチームが分かる、

チームの力を最大化するには、誰がチームに参加すべきかわかる世界。

ウォンテッドを通じて、世界を変えるチームをどんどん作って欲しい。

ソーシャル・リクルーティング・サービスとかいってるけど、

ぶっちゃけそんなのどうでもいいと思っている。

ソーシャルなんちゃら、てのは全く本質ではなくて、

「もっと輝ける、すぽっとはまるチームにいない人が、

自分が最大限力を発揮できるチームに凄く簡単に動ける」世の中をつくりたい。

ウォンテッドは時間をかけて人を口説くモデル

ウォンテッドの提供するサービスをひとことでいうと、

「自分たちのチームにすっぽりはまる人を、社員のつながりから見つけて唾つけする」

だから、今すぐ誰かを採用したい!というニーズには向いていないと思う。

そういう人はリクナビやエージェントを使えばいい。

けど、ワクワクや楽しさ、やり甲斐で仕事を選ぶ凄い人達は、人のつながりで

しごとを選ぶことを、忘れてはいけない。

そういう、凄い人達で、ぴたっとチームにはまる人と出会えて、最終的には

採用につながることで、きっとあなたのチームも、世界を変える。

ウォンテッドでもチームメンバー募集

ウォンテッドのチームにも、きっと、ぴたっとハマる人たちがいると信じています。

興味のあるRailsエンジニアの方、来年に向けてサービス作りを

加速させていく上で、募集しています。

ウォンテッドは即効性がないので、今回の急募には使わず、

このようにブログで告知させていただきました。

自己紹介とFacebook url、twitter url、github url必須でお願いします。

ご連絡はこちらから。

応募資格がある方は、年末年始ハッカソンも実施中!

是非ともお会いしたい!という方はこちらからご連絡させていただきます。

さて、きみは誰と世界をよくする?

Advertisements

新学期にやるべきこと

気が付けばもう4月。
このブログを付け始めて、3ヶ月は経ったんだろうか。
少しずつ、思いが形になって来ている気がしなくもない。

ここ数週間、帰省や長野での時間の中で考えた
結果、今のところ頭にある結果→今月には営業開始。

この前思いついたアイディアというのは、凄く簡単に
言えば、skypeを使った英語のレッスン。
まぁ、そんなサービスを提供しているところは既に
沢山あるから、無論差別化は何箇所かしてるんだけれど。
それで、自分を追い込みつつ、そのサービスを
トライアルとしてやってみようと思った。
まずは、去年10月から働いて胃いた
京大初ベンチャーでのバイトをしばらくお休みする。
21歳になる数日前に始めた仕事が終わって、
次のフェーズが始まる。
誕生日が再び訪れる22歳の誕生日までには、
もう少し形になっていればいいな、と思う。

とにかく、退路を切って自分を追い詰める。
そして頭を使う。
仲間がいないことに関しても、色々と人の
アドバイスを受けたり、考えたりしたけど、
結局は人に頼らず一人で始めてみる。
フットワークは軽く。
バイトをやめた分くらい、自分の提供するサービスで
稼ぐのが目標。まずは月8万が目標。
どうにかなりそう。ほんと。
その次の月の目標はその倍だ。

そして同時並行で、語学学校データベースの方も
着実に進めていければと思う。
日本と海外をつないで、新たな価値を創造する
仕事が出来ればと思う。

目下、サービスの精緻化と、4月の
トライアル授業を受けてくれる人を4人探そう。

東京

実家に戻ってきてはや5日が経とうとしている。
毎日が物凄い速さで過ぎ去っていく。
連日色んな人とあったり、仲いい友達と飲み行ったり。
もう2日連続でオールしてしまった…お肌に悪そう。
でも、終電とオールとの究極の選択を迫られる瀬戸際で、
次の日のことは考えずに、もう一軒行ってしまうノリって
重要ですよね。そのノリで得られるプラス6時間はpricelessですから。

起業に関してだけど、物凄い紆余曲折を経ている。
アドバイスを貰ったり、トライアルをしたり、ちょっとずつ固まって
来ていた。あ、これゆるゆるやれば、まぁなんとか
形になるかもな、みたいな。そしたら昨日、仲のいい帰国友達から
新しいビジネスプランに乗らないかと相談され、あー、どうしようみたいな。
慶応に通う彼女は超優秀だし、そのこがパートナーを組んでいる
人たちもみんな超エリート。コネもお金もノウハウも、全部ある。
あとはヒトをもう少し集めているみたい。
でも、そうやって誰かの作った会社で働いちゃうと、結局は
今京都でやってるバイトと何も変わらない気もするんだよね。
雇われ、という立場と、経営する側、という立場では、責任感も
全く違うだろうし、その職を全うすることで得られるであろう成長も
断然違ってくるのではないか。絶対、失敗しながらでも、
結局形にならなかったとしても、自分で経営してみるってとこに
自分の成長への近道があるんじゃないか、なんて。

と色々考えていて、昨日法務局に行くつもりが、延期することにした。
とりあえず、今固めているビジネスモデルも、トライアルを2ヶ月
くらい繰り返して、発展性がありそうならば、そこで初めて会社に
すればいいわけだし。まだ焦る必要はない。

それにしても、昨日の帰国友達との呑みは楽しかった。
何を語ったわけでもなく、とにかく一緒に時間を共有しただけなんだけど。
こう、心の内面からうきうきするカンジ。mental healthもハイなカンジ。

言葉のチカラ

当初は8月に起業するとか言ってたけど、
それがかなり前倒しになりつつある。
前回のエントリーにも書いたけど、
来週実家に帰ったときに定款変更、だ。
それが無事済んだときにでも、社名発表といきたい^^
考えに考え抜いたお気に入りの名前。

東京のビジネス仲間の友達も、
監査役に名を連ねると言ってくれた。
なんとも心強い。

そして、この日記を1月の段階から読み返していて、
「言葉のチカラ」には本当に実感させられる。
端的に言うと、「言い続ければ現実になる」ってことなんだけど。
もともと「有言無実行」が嫌いな性分だったから、やれないことは
まずは口に出さないことにしていた。ノリでも口に出したからは、
実行する、それが自分の中での美学だった。
でも、それがあるとき変わった。「言う」ことで自分にプレッシャーを
かけて、言葉に現実を合わせることを始めた。
自分の夢をペラペラ語って、気持ちいんだけど、一方ではその言葉に
対する責任を背負い込んで、益々本気になって、さらに人にペラペラ
喋る。すると、人に喋るから色んなフィードバック、新たなアイディア、
さらなる人の繋がりが生まれて、自分の夢にまた一歩近づく。
ホントに、このブログを始めてから、書くと同時に回りの人に
自分の夢を語ることが多くなって、「今度会いましょう」と言われる
ことも増えたし、新たなアイディアも生まれたし、言葉の力を実感する。
成せば成るし、言い続けていれば成るのだ。
オオカミ少年だって、3回目にゃあホントになったしね。
だから人間って面白いな。
自分の言葉に影響されて変わっていく環境
に影響されて、自分も変わっていけるんだ。

あとは、前にも書いたけど、バランスが本当に大事。
特に、大学の仲のいい友達との時間は凄く貴重だし、
心の安定剤になる。
会うたびに、軽くビジネスの話も聞いて貰えるし、
後は美味しいスイーツの話、旅行に行こうって話、
大学の単位をどうやって揃えるかの話、共通の
友達のバカ話、真剣な恋バナ、しょーもない愚痴、
もうすぐ来る就活、資格取ろうかどうしようか、
もろもろ、普通の女子大生と
して本当に心地の良い時間を共有出来る。
なんともないGIRLS TALKをして家路につくころには、
何故か心軽く、起業に対しても前向きなることが出来る。

こうしたバランスを上手いこととって、さらに前進するのみ。
今のあたしの武器は言葉。

本気になる

最近、予期していなかった流れで遅くまで呑んでしまうことが多い。
結果お財布はすっからかんになってしまったりするのだが…w
でも、そのお金で買った友達との有意義な時間はprice lessだしね。

今日も、たまたま流れで行った友達の働いてるバーで
いつにないほど酔っ払ってしまったんやけど
(多分気心が知れてるメンツだったからやと思うけど)
お互い、今年の前期も頑張ろうという話になって、
1回生の頃から色々と共に頑張ってきた仲間でもあったし、
その彼にそういってもらえて、私の中で何かがふっきれた
気がする。
起業ってやっぱリスクもかなり伴うし、ぶっちゃけ怖い。
でも、本気になって、死ぬ気で取り組んだら人間できない
こととかそうなさそうやし。
そういえば中学生くらいまで、「何で人間死ぬ気になったら
何でも出来るのに、なんでそうなる人が少ないんだろう…」と
思ってたけど、大学生くらいになって
「あ、死ぬ気(必死)になったら実際死んでしまうから
自己防衛本能で死ぬ気にはならないんやろな」と悟った。
でも、なんか、やっぱ死ぬ気で頑張ってもいいかな、って
今日の呑みで思った。
私の中の名言で
「死ぬ気でやれよ、死なないから」
というのがあるんやけど(杉本太郎著「アツイコトバ」より)
それはある意味あたってはないけど(本当に死んでしまうだろう
という意味で)あながち正しい気もする
(まぁ多分、なかなか死なないだろうな、みたいな)
なんて、かなり一貫性のない文になってしまいましたが、
大分酔っ払っているということでご容赦願いたい。

とにかく、なんだか、昔の仲間も頑張ってるのを見て、
私もまだまだ頑張らないとな、っと凄く思った。
何をひよってるんだ。
そんな柄じゃないだろう。と。

そうそう、今日知り合いのお茶屋さん(いわゆる
一見さんお断り的な)のバイトの詳細を聞きに行って、
凄く社会勉強にもなりそうやし、オーナーが物凄くいい人やし、
起業資金を貯める意味でもやってみようかな、と思った。

よーし、来週一瞬帰省することになったし、その間に
創業手続きを出来ることならしてしまいたい。
とりあえず法人格を作って、早速この前思いついた
ビジネスモデルを実行に移したいところだ…と思った。
人間、実際のところ、本気になれば、成せば成るのだ。
その、成せる人が少ないというだけ。
酔っ払って気が大きくなってるだけかもしれない。
でもこの気持ちは大事です。

と、支離滅裂なエントリーもありではないかと思われ。

utadaのbe my lastが頭の中をぐるぐると回っている
1日でした…

創業準備

先週末に天から運が降ってきたカンジで、
もう8月まで待たずと京都にいる間に創業しようと
いう気持ちになってきた。
一昨日はやめにバイトをあがって、四条の
本屋に立ち寄って起業本を何冊か購入。
会社をいちから立ち上げるのって地味に
手続き面倒臭いよな~。
社名変更と業務変更だけでよかった。
でも、千葉に戻らないと手続きが出来ない疑惑も
あって…うーん、しょうがないし春休みの
間、一度帰省しようかしらん。

それにしても、1日があっという間にすぎていく。
なんだか今のバイト先でビラ配りをやることになって
(まぁいろいろありまして。社員総動員)
最近結構毎日朝6時とか7時起き。
低血圧気味の私にはかなりしんどい。
これがあとどれだけ続くのか…と考えるだけで
フツーにブルーになるから、一応来週はパスしたい
旨伝えたんだけど、聞いてもらえるでしょか。

というわけで、ひたすら創業手続きのことを
学んで、後は税金のこととか色々勉強しないとだよね。
事業計画書とかってやつもちゃんと書かないとだよね。
バイトに裂かれる時間が痛い…

キタ━━━━━!!!

いつにないヒットです。
霧が開けたカンジです。
最高にテンション高いキブンです。
やっぱり起業の相談も、持ちかける相手によって
フィードバックが断然違う。

昨日一昨日と、IT界では有名なお方が
京都に来ていまして、2日とも誘っていただきまして
(とゆーか完全むこう的には子守状態だったけどw)
祇園のいいお店とかバンバン連れてってもらって
お酒も入りつつフランクにビジネスモデルに関して
アドバイスとかしてもらったりしまして、
1ヶ月で吸収するようなことを2日で吸収できた気分。

そんで、私がそれまで考えていて
「これ結構アツいわぁ」と思っていたアイディア
(超簡単にまとめると語学学校のデータベース)
は、潜伏期間が長すぎるということで、もっと現実的かつ
すぐに実現できるしトライアルも出来るビジネスモデルを
考案してもらいまして…あぁ、なんたる幸せ。
もう、かなりやる気満々です。
帰国子女のネットワークをいかに使うか、というのが
実はコアコンピタンスだったりすんだけど。

あと、昨日一昨日の2日間で学んだこと2つ。
①親しき仲にも礼儀あり
私は、本当に色々な人からよく言われるけど、
思ったことをすぐにそのまま口にするから
ある意味超無礼。凄く実感してまして、失言が
多いわけです。あと、本気で言語障害?w
たまに自分でも何言ってるかわかんないし。
本当に私の脳は100%動いているのか?
今回これをさらに実感しまして、反省しつつ
はっきり分かり易く喋るよう常に
意識して喋らないと。と思った。

②女史力再発見
2日間とも祇園のかなり有名な芸子さんが
呑みの席に顔を出してくれてまして、この方の
身のこなし!コミュニケーション能力!
自分が本当にガキだなぁとつくづく実感しました。
あの内面から滲み出るオンナとしてのオーラ
みたいなもの、何年したら見につけられるかなー?
って一生無理?w
でも、オンナ磨かないと、とは凄く思った。

以上、かなり刺激にとんだ2日間でしたと。
今は、その2日間で生まれたビジネスアイディアを
実現するためにまい進していくのみだなぁ。
ということで、朝っぱらからテンション高め。
実家に戻りたい~。