仲間

今、ART OF THE STARTという本を読んでいるんだけど、そこにも
書いてある通り…(和訳はされてないんだけど)
FIND A FEW SOULDMATES

History loves the notion ofsole innovator:
中略
History is wrong. Successful companies are started, and made successful
by at least two, and usually more, soulmates.

まぁ当たり前のことなんだけど、これが
The art of startの基本原則のひとつに入っていて。
このsoul mateが出来るかどうか超不安だった
わけですが。

ちょっと話とんで、
最近自分の得意なこととそうじゃないことを
区別できるようになってきて、色々と迷いが出る。

まず第一に、ワイワイとしたノリは嫌いじゃないけど、
仕事時に関してはその限りではない。
メリハリのあるワイワイならいいんだけど、ダラダラと
やってるのかやってないのかわかんないのが嫌。
後、やっぱ異性より同性と仕事してるほうが
色んな意味でやり易いかもしれない。

だから、少数精鋭で仕事をするのが好きだ。
結局もっと大きい人数で何かに取り組んだ方が
さらに大きいことが出来るのは確かなんだけど。
だから、大きな会社は作れないのかな?

第二に、果たしてリーダーが向いているのかどうか?
もしかしたら補佐が向いてるかも?
でも、プロジェクトとか始めたら明らか仕切っちゃってる
し…でも今のバイトをしていても、ことあるごとに
「あぁ、ガッツが足りない」と実感させられる。
どうなんだ自分?

ともかく、一応soul mateは東京にいて、そのこに負担を
かけないようにかけないおうにと考えてきてて、ビジネス
プラントとかも一人で悶々と考えてきたことに気が付いた。
でも、この前それで結構イッパイイッパイになって、相談
してみたらなんとも快くブレストにも参加してくれたし。
やっぱりどんどん人を巻き込んでいこう。

さっきから紹介してる本にも書いてあるように
There is much more to gain-feedback, connections, opend doors-
by freely discussing your idea than there is to lose.

Advertisements

仲のイイ友達にもよく言われるし、
ある程度は自覚してるんだけど
たまにテンションが低くなる波がくる。
今、まさにその谷間って感じ。
きっと、色んな小さなイライラが
積もり積もると、こうゆうことになる。
と経験的に分析してみたり。
最近色々とね。

それにしても、もう気が付けば2月も下旬に
突入しようとしているわけで。
起業の準備が全然進んでないから驚く。
試験前に凄い加熱してたのに、試験後に
バイト三昧の日々が始って、気が付けば
今日に至る、的な感じだ。
焦らねば。

今日は朝からベッドにもぐりこんだまま
1日ボーっとしてたい気分だったけど、
約束が色々あったから抜け出した。
活動的な女の子に5,6人会ってきました。

まずは神戸女学院に通う1回生2人組み。
前も話に出たけど、女子大生向けメディア
Jewelの製作に興味があるということで。
そのうちの一人が、帰国子女で、物凄い
思ったことを「スパーン」と言ってのけるタイプで。
なんだか親近感を覚えつつも、それに比べれば
私も丸くなったな、っと実感。
2回生の夏、1回生から私を知る男友達が
酔っ払ってるときに絡んできて
「仲さんはかつての尖った感がなくなった。
丸くなっちゃった。俺は昔の尖ってた頃の方がよかった」
とか言うから若干腹立ってたんだけどw
その言葉の意味が今日凄く分かった。
あー、かつての私を見てるなこれは、と
その神女のこを見て思ってしまった。
その鋭さは、結構諸刃の剣だったりするんだな。
でも、ある意味新鮮で気持ちよかった。

次に、同志社でsmgという女子大生団体のイベント
があって顔を出してきた。なんだか活動的な
女の子たちばっかで、凄く関心した。
どうやらディスカッションのセッション
途中に私が乱入して話だけ聞いてたんやけど、
なんだからカウンセリングみたいな感じだった。
ちょっと不思議で新しい世界でした。
そこの代表のこもこれから仲良くしていものです。

ああ、でももう2月が終わるという事実は変えられない
ものでして。本当、ちゃんと事業プランを細かく
考えて決めていかないといけない。
切実に仲間が欲しいわ。
仲間がいないのは、自分の問題だったりもするからな。
色々と落ち込むわ~。
自分も変えつつ、人脈の輪を広げていこう。
資金のことを考えても結構落ち込むw
どうにかせねば。
頑張って東京目指せ~。

自分の時間を作る

試験前の状態に逆戻りだ。気が付けば。
なんだか気が付けば1日が終わる。
非常にまずい状態。
でも今は、「7つの習慣」がベッド脇に
ある。心強い味方だ。

日常の中で次から次へと派生する
たくさんの雑務の全ては、
緊急性と重要性で分類できるわけで。

緊急だけと重要じゃない用事ばかりに
時間を割いてる人は不幸なんだって。
長期的に何も達成できない。
必要なのは、緊急性は低いけど、
重要性の高い用事を優先するということ。

つまりは、忙しくても
・読書
・睡眠
・健康的な食事
・仲いい友達との時間
・起業プランを練る
・起業に向けて動き出す
とかいう時間を優先順位の上位に
持ってくるのが必要になってくる。

これが実際に実行が難しい。
忙しいと、家に帰ってきてバタンキューで
何もせずに寝ちゃって、気が付けば翌朝。
だから、重要性のある用事を強く
認識する必要があるんだな~。と実感。
+、それを行動に移す意思の強さ。

私にとっては、この日記をつけることも
「緊急性は低いけど重要性の高いもの」

よき出会いを

かの有名なみつをの詩で、
「そのときの出会いが
そのあとの人生を
大きく変えることがある
よき出会いを」
ってやつがありますよね。

あれは、本当にその通りだと思う。
そして、パラダイムを根本から変えてくれる
出会いがあったりもするわけだけど、
そんな凄い人とじっくり話して、
色々吸収してってのは中々難しい。
相手だって忙しかったりするしさ。
だから、身近な「出会い」ってのは本だと思う。

誰でも、「この本に出会ってなければ」
ってのはあると思うんだけど、
私の場合は、なんか出すのも恥ずかしいけど
「金持ち父さん貧乏父さん」
これで価値観をガラッと変えられた人も多いハズ。
私がこれを読んだのは高2とかだったけど、
一時帰国の途中に読んで、人生観がマジで変わった。
世の中、4つのクワドランとの人間に分けられるのね…って。

次に大きな影響を受けたのが
「大きく考えることの魔術」。
たまたま家にあった、よくありがちなフツーの
啓蒙本なんだけど。
啓蒙本とか、胡散臭くて好きじゃないんだけど、
これはなんとなく読んだら、
この中の、「プラス思考のスイッチを入れなさい」
って部分に凄いいい影響を受けた。
これによって、考え方、見方一つでものの捕らえ方が
完全に変わるんだなーと実感した。
マイナス思考になりがちな時、人の悪い面を見そうに
なるときってありますよね。
でも、「プラス思考のスイッチON!」にすると、
あら不思議。
そんな悪いとこばっか見なくなるんだな。
ま、悪い面を認識する重要性もわかっちゃいるけど、
重要なのは、それを認識した上で文句ばっか言うか、
もしくは「そんな人もいるししょうがない」って思うとか、
「じゃあどうすればいいのか」って、悪い状況、人間関係
から抜け出して前進出来るような思考を持つってこと。
とにかく、この本の「プラスのスイッチ」ってのには
いい影響を受けた気がする。

ま、後はもろもろ。
・幸せは、自分が決める
・リアルにイメージ出来るものは、必ず実現する
が、結構影響力のあった一説かな。
どれもやっぱり本から得た考え方。
幸せは~ってやつは、さっきの
「プラスのスイッチ」と似てると思う。
見方ひとつ、考え方ひとつで、ものの捕らえ方
最終的には気分や言動まで変わってくる。

とうことで、長い前置きでしたが、
言いたかったのは、「よき本との出合いを」
それがその後の人生を大きく変えることがある。
いい本なら、早いうちに読めたら読むにこしたことはない。

啓蒙本は本屋に凄い数があるけど、やっぱ
本質をしっかり語ってるやつは少ないと思う。
最近出会った、古典的啓蒙本
・ビジョナリーカンパニー
・7つの習慣

どっちも試験期間中だからちょっとしか
読めてないけど、その後の人生を
変えてくれる気がする。

よき出会いを。

初めまして

 

気が付けば2回生になってしまいました。
22歳になる前までに、学生起業をするつもりです。
それまでの毎日を気が向いた時に綴っていこうと
思います。

それにしても、このココログってやつは使い易いです☆